柔道家たちへのピラティス〜報告〜

1週間がすぎましたが、

先週、北海道で柔道家たちのトレーニング合宿をサポートしてきました。

DSC_0377

 

普段からウエイトをがっつりやっている彼らにとって、

ピラティスのような自重を使うトレーニングは非常にきつい。

そう考えると自らのカラダをうまくコントロールできないのに、

高負荷のトレーニングをやっていくというのはどうなんだろうと思います。

これは私自身が現役時代に感じていた事でもありますね。

ただ、自らのカラダをうまくコントロール出来た上で、

高負荷のトレーニングをやっていければもっとパフォーマンスアップにつながるのかもしれません。

私自身、どんなスポーツのアスリートにも徹底して伝えるのは、

常にいい状態、バランスで自らのスポーツをやっていけば、

そのスポーツに必要な筋バランスが自然とついていくということ。

それこそ非常に効率のいい状態になるはずです。

そんなことも話しながら伝えていきましたが、まだまだかな。

どんなトレーニングをするかというよりも、

どんな思考ですべてにのぞむか。ここが大切。

DSC_0376

この記事をシェアする!