アスリートから学ぶ1

こんにちは。久しぶりの更新です。

今日は最近いや私が本を読み始めてから数十年になりますが、

その中でもトップ5には入るであろう一冊に出逢ったというお話。

その本は・・・

テニスの絶対王者ノバク・ジョコビッチの

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」

DSC_0488

 

表紙を見ただけでは、え??食事の本?と思われがちですが、

この一冊にジョコビッチの生き様が詰まってます。

どういうマインドで日々を送っているか、

テニスをしているか、そして自分との向き合い方。

食事というものがそれらすべてとつながっている事がわかります。

食事といっても様々な食事方法が日本でも紹介されていますが、

食事がどうこういうよりもその食事をして自分自身がどのように感じ、

変化をしていったか。そこに向き合うことの大切さが書かれています。

昨今はトレーニングにしても栄養学にしても、

エビデンスベースが優先的にうたわれていますが、

もっと大切なことがそこにある。

すべての情報を鵜呑みにせずオープンマインドで色んなことを受け入れていきたいですね。

ぜひ、ご一読を!

この記事をシェアする!