とある日のスタジオの光景

DTSのスタジオでよくある光景。

アスリートが乱入してのピラティスグループレッスン。

昨日はバレーボール御一行様。

アトランタオリンピックにも出場された坂本清美さん。

ピラティス初体験ということでしたが、

その壮絶さをわかりやすくブログで表現されています。

http://ameblo.jp/sallyschool-ahm/entry-12168189671.html

S__31907852

ピラティスの良いところは、

アスリートも一般の方も同じプログラムでできるところ。

人間本来の動きはベースとしてはみな一緒です。

なのでどのスポーツをやっているとか、

姿勢を良くしたいとか、体を引き締めたいとか、

それぞれの目的は違っても、ベースとしてやるべきことは一緒です。

一般の方が楽にやっているエクササイズでも、

アスリートがやると唸るほどしんどいエクササイズであるとか、

そんな光景を良く見かけます。

それがピラティスの醍醐味かもしれませんね。

 

アスリートは直に一般の方から応援されていることを感じ、

人生かけてスポーツに取り組むアスリートを見て、

自分ももっと頑張ろうと思う気持ちを持つ一般の方。

腰が痛い、肩が痛いといってリハビリに励む方も、

そんな光景、雰囲気の中に入ると運動への意欲が湧いてくる。

 

そんな場所を作りたいと想い始めたスタジオ。

なんだか最近はそんな雰囲気になってきた気がします。

想いは強く想えば想うほど、現実になる。

もっとイメージ膨らませていこう。

 

この記事をシェアする!