車椅子バスケットボール 川上祥平選手

車椅子バスケットボール 川上祥平選手も、

1年半前よりピラティスを取り入れています。

来た当初は背中も丸まり、風が吹けば吹っ飛んでしまいそうな体でしたが、

今では背筋も伸び、なんだか男前??

東京オリンピック・パラリンピックに向け日々トレーニングに励んでます。

DSC_0504

ちょっと昨日のパンツは派手すぎでしたが…..

ピラティスは誰が対象というものではなく、

どんな目的の方であっても、今の状況に合わせてそして目標に合わせて、

それぞれ個別のプログラムを立案し対応することができます。

最初はどうしても苦手な動きが多くなってしまいますが、

苦手だからこそ必要な動き。それが、その方の目指すものへと繋がっていきます。

どうそこから運動意欲へとつなげていくかも大切ですが、

それが「匠」の仕事です(笑)

 

 

この記事をシェアする!