格闘技の期待の星

昨年、極真の世界大会にも出場した、谷川 聖弥選手。

若干19歳。

踏み込んだ時に力が抜ける感覚、

そして上手く力を伝えることができないということで、

ピラティスに専念中です。

DSC_0547

どのポイントで力が抜けるかをしっかりとヒヤリング。

そしてその動きをブレイクダウン(動きを細分化していくこと)していき、

連動性を高めていく。

ピラティスはまさに「動きを鍛える」もしくは「動きのトレーニング」。

一つの動きにこだわることなく、様々な動きを行い、

本人の癖がどこにあるか、それを改善していく。

 

女性向けのイメージが強いピラティスですが、

こんな100キロ近い大男がやっても汗だくになる程、

自身の身体を正確に操り動かしていくことは、エネルギーを使います。

とは言っても、

こんな大男も女性の方もリハビリ目的の方も

DTSのピラティスでやることは同じようなことが多くあります。

それは人間の動きのベースとして必要だから。

 

しっかりとしたベースを作ること、

それこそが動きの質を高め、パフォーマンスアップや怪我の予防、

美しいボディラインへと繋がっていきます。

DSC_0545

トドではありません(笑)

彼の活躍にもこれから期待大です。

きっと世界をとってくれるはず!

 

この記事をシェアする!