ピラティスとは①

こんばんは、岩崎です。

ピラティスは、最近アスリートやモデルさん、一般の方にも広まりつつありますが、まだまだ認知度は低いの現状です。
それはなぜかというと、
単なる腹筋運動のバリエーションのようになっていたり、
ストレッチの一種と捉えられていたりする場合が
多くあるからです。

以前、竹口さんのブログでも書かれていましたが、
ピラティスの歴史は古く、第一次世界大戦中に捕虜となった仲間の兵士の
リハビリをするために、ジョセフ・ピラティスさんが考案した運動方法です。スクリーンショット 2017-05-23 11.33.22

 

寝たきりの患者の為には
ベッドからスプリングを取り出して器具を作り上げ、
そのベッドの上でリハビリをしていたりもしていました。

その名残もありピラティスで使用される器具「リフォーマー」や「キャデラック」は
ベッド上での運動が改良されて、現在の形状のようになっています。IMG_7548

こういったことからも、
ピラティスは、寝たきりの方から、世界を目指すアスリートまで、
幅広い方に行って頂けるエクササイズとなっています。

1967年、ピラティスさんが

『私のメソッドは50年早かった』と、いう言葉を残されています。
今年でちょうど50年。これも何かの運命なのかもしれません。

ただ単にカラダを動かすのではなく、
自分の意識で正しくカラダを動かしていく。
それがピラティスのコンセプト。

ぜひぜひ、皆さんのカラダの動きを見直して
姿勢を改善し、日々健康な生活を送っていきませんか?

運動に自信がない方でも、カラダが硬いという方でも、
DTSではどんな方でも皆さんの状態に合わせて
的確な運動を提案していきます。

ご興味ある方はぜひご相談ください。 IMG_7498

この記事をシェアする!