五大栄養素11〜熱中症対策〜

こんにちは小田島です。

日本列島も暑い日が続き、

夏バテ気味の方も多くなってきているのではないでしょうか?

今年の夏はマサイ族がびっくりするほど暑いようです。

15071602

動物園では..

Unknown

そりゃこんな暑い日本に連れてこられた白くまは被害者ですね(笑

さてさてこんな暑い夏、気になることは熱中症。

メディアでも多く取り入れられてますね。

実は水分補給と言って水やお茶をガブガブ飲むことは、

熱中症対策にはなりません。

6-16A_10161002155

写真のおねぇさんめちゃくちゃ爽やかですが….

それはなぜかというと水やお茶は体液よりも薄く、

一気に飲むと血液を薄めてしまいます。

血液に含まれるミネラル分も薄まってしまうというわけですね。

そして汗をかくとナトリウムなどのミネラル分も奪われてしまうと、

よく言われていますが他にもビタミンも奪われてしまします。

なのでスポーツドリンクなどは体液にも近く吸収されやすいと言われています。

ただスポーツドリンクは商品にもよりますが糖分が多くふくまれているほか、

ビタミン類の含有量は限りなく少ないためそのあたりは考慮して

選んでいかなくてはなりませんね。

170408

この女性誰かはわかりません…..

また、水分補給として気をつけなくてはならないのは、

砂糖たっぷりの清涼飲料水を飲むとか、果汁ジュースを飲むということ。

これらは血液よりも濃度が高いため、血管から逆に水分を奪ってしまいます。

非常に恐ろしい…..

そんなことも考慮しながらDTSではお客様に

熱中症対策のための食事法や対策ジュースの作りかたもお伝えしております。

shutterstock_54831181

最後に熱中症対策として最大の対策は、

日頃から5大栄養素をしっかりバランスよくとる食事を心がけることです。

血液の中は水だけではなく、私たち人間が生きるために必要な

ブドウ糖やタンパク質、ビタミン、ミネラルが常に流れてます。

それが通常の血液と考えると、その場しのぎの熱中症対策だけでは、

熱中症になるリスクは高い状況です。

ぜひ、日頃から健康に生きるための食生活を心がけてみてくださいね!

この記事をシェアする!