DTSでやっていること

自信をもって提供している
結果を出すためのアプローチ

DTSでは、トレーニング方法のみならず栄養学や基礎生理学などの身体のしくみについて徹底的に学び、正しい知識を身につける「身体の本質プロジェクト」の考え方を導入。

「結果を出す」ためのトレーニングとして、『運動・栄養・休養』の3つを基本軸で展開しています。

運動することだけがトレーニングではなく、栄養と休養を的確にとることが大切で、この3つの要素のバランスがとれて、はじめて目指すべき結果へとつながるということを常にお伝えしています。

c01

人の身体は千差万別で奥が深いもの。
例えば・・・
「運動や、筋肉を鍛えることは身体にいい」
「ごはんを食べると太る」
「野菜をたっぷり食べることや糖質を制限することは身体にいい」
「痛みの改善にはインナーマッスルの強化や姿勢改善が効果的」・・・など、
世の中には定説がありますが、個人個人の身体の状態、生理的機能や内科学的な観点からみて、果たして本当に正解なのかどうか・・・。

その人の身体にアプローチしてみると、実は逆効果だったりすることもあり得るのです。そんな時は身体の本質にそった知識を駆使することでその人に合った完全オーダーメイドの正しいアプローチを選択することができるのです。

どんな方であっても、その方がなりたい目標に向かって確実に結果を出すということで、お客様に信頼していただくということを一番大切にしています。
選手の将来や選手生命にまで影響してくるプロのアスリートには、選手の素質や能力を引き出し、ケガや体調不良の早期回復をするための「リハビリ」の方、何をしても変化がなく、効果が出なかった方の「ダイエットプログラム」の作成、成長期の子どもであれば、身体の発育や発達、心の成長にも心配りをしながら取り組むなど、一般の方にもその人その人の目的に合わせたパーソナルレッスンを実施しています。