鈴木湧也選手

鈴木湧也選手(スノーボードアルペン日本代表/山梨学院大学)

 

競技歴 スノーボード/アルペン 13年

Q1 DTSに通う前にどのようなことで悩んでおられましたか?

左股関節の違和感
足の外側に乗ってしまうこと
体幹の弱さ

 

Q2 DTSを知ったきっかけはなんですか?

小田島さんと昔から知り合いだったため

 

Q3 小田島さんの第一印象はどうでしたか?(ざっくばらんにどうぞ!)

トレーニングに関する悩みや、これからどうしていきたいかなどの話を親身になって聞いてくれ、
とても真面目そうな印象を受けました

 

Q4 何が決めてとなって「よし、ここに通おう!」と思われましたか?

インターネットでピラティスについて調べた時、このトレーニングはまさに今、
自分に足りていない部分なのではないかと思い、通うことを決めました。

 

Q5 「あ、変化(改善)してるな」と感じるようになったのはいつくらいからですか?またそれはどんなことですか?

トレーニングを始めて、1週間とちょっとたった頃でした。
外側に乗ってしまった足裏が段々と真ん中に乗れてきて、体の感覚も冴えてきました。
どの筋肉を使って動いたら楽なのかも分かるようになってきました。

 

Q6 最大に嬉しい変化(パフォーマンスアップ)したことはどのようなことですか?

体の感覚が冴えてきたことです。
なにも意識せずにひたすらトレーニングするのではなく、足裏の感覚や筋肉の使い方などを意識しながらトレーニングすることで、日々、感覚が良くなってきているのが分かりました。それからは走っている時も痛みが出やすい場所が分かってきたので、なるべくそこを使わず、走る意識もでき、ケガの防止にもつながりました。

 

Q7 今後の目標、もしくはいま達成したい最高のゴールを教えてください。

今期の目標は全日本で優勝することです。
達成したい最高のゴールは世界一になることです。

 

Q8 最後にひとことお願いします!(熱いエール、今後のご希望・ご要望など・・・)

小田島さん。お忙しいとは思いますが、お身体にはお気をつけください!!

 

ai014

この記事をシェアする!