TRAINER’S PROFILE

Pilates &Training Studio DTSのトレーナー紹介です。

 

小田島 政樹  Masaki Odajima

PHIピラティスジャパン マーケティングディレクター 小田島 政樹

PHIピラティスジャパン マーケティングディレクター

柔道整復師

陸上、スノーボード、柔道、JRA競馬騎手、ボクシング、ゴルフ、テコンドー、障がい者スポーツ、バレエといった多岐にわたる日本を代表するトップアスリートから、未来を担うジュニアアスリートのサポート、一般の方の痛みに関しての対応や姿勢改善など、幅広く活動。PHIピラティスと栄養指導を通じて、個人個人に合った“パーソナルトレーニング”を手がけている。

北海道出身。5歳の時から大学まで続けていた柔道。大学卒業後、柔道を活かせる道に進みたいと思っていたが挫折。ケガによる故障に悩まされることも多く、正しい身体の動かし方がわかっていれば、もっと強くなれたのではと思っていた時に「奇跡のトレーニング」という本に出会う。その著者、小山裕史氏が経営するワールドウィングで修行するため、鳥取へ。スポーツ選手の動作改善、故障改善に取り組み、プロアスリートやオリンピック選手の育成に携わり、その後、大阪の店舗に異動。実績を重ねながら、専門学校で医療の基礎も学び、柔道整復師の資格を取得。整骨院で治療にも携わったが、治療に来られた患者さんにその時に一時的に施術したとしても、身体の動きを改善しないと時間が経過するとともに元に戻ってしまうことで根本的な治療につながらないことを実感。そんな中、出会ったPHIピラティスに衝撃を受け、その後、アメリカに渡り指導者としての資格を取得。現在、日本全国にいる1000名以上にのぼるPHIインストラクターを統括、後進の指導にもあたっている。

 

竹口 了広  Ryouko Takeguchi

PHIピラティスマスタートレーナー竹口 了広

PHIピラティスマスタートレーナー

幼い頃より水泳とバスケットを続けていたが高校生の時、バスケの試合で左足首に大きなケガを負う。その当時の顧問の先生からテーピングやリハビリのやり方を教わり、回復していく状況を体感することで、スポーツ選手をサポートする仕事につきたいと決意、インストラクターやトレーナーを養成する専門学校に進学。社会人になってアメフトのトレーナーを務め、その後、加圧トレーニングなどをメインにしたトレーナーとして、兵庫県西宮市のパーソナルジムを中心に3店舗の統括マネージャーを経験。2010年にPHIピラティスに出会い、2014年にアメリカ ピッツバーグでPHIピラティスの創始者であるクリスティン・ロマニ・ルビー氏から直接指導を受け、コンプリヘンシブトレーナーとなる。2015年、DTSに入社。主にモデルやタカラジェンヌ、ウエイクボードの選手などのパーソナルレッスンを担当。プロだけでなく、ダイエット目的でレッスンに来られた一般の方が、本来の正しい姿勢に戻すことで膝痛や腰痛を改善され、無理なく運動量が増え、結果的に健康的に痩せていくことで満足感を味わっていただくなど、PHIピラティスを通じて、一人でも多くの方に運動の大切さを伝えていきたいと日々精進している。

 

岩崎 志穂 Shiho Iwasaki

PHI MATⅠ&Ⅱインストラクター 岩崎志穂

PHI MATⅠ&Ⅱインストラクター

大分県出身。
学生時代にテニスを通じてスポーツトレーナーの存在を知り、
高校卒業後大阪で医療・スポーツの専門学校へ入学。
そこで出会ったのがPHIピラティス。
バランスや動きのチェック、筋肉の作用の偏りや動きのエラーにより、
競技力の低下やケガで苦悩している選手はたくさんいて、
日常生活においても当てはまる事は沢山あると確信。

専門学校卒業後は5年間急性期総合病院に勤務。
手術後のスキーや柔道、野球、サッカーなどプロから学生、
一般の方まで幅広くトレーニング指導を行い、
患者さんの要望に応え、弱点を強化し、元よりも高いレベルでの競技復帰を目標にして行って来た。

その経験を生かし、もっとたくさんの方にピラティスを通じて可能性を広げて欲しいです!