五大栄養素⑤炭水化物〜その三〜

こんばんは。小田島です。

毎週月曜日は栄養について。

先週に引き続き今週も炭水化物について。

前回はご飯についてのお話しをさせていただきましたが、

今週は果物について。

shutterstock_96929258

こんな綺麗な女性には果物が良く似合う??

果物かじってるだけでなぜか健康的・・・

確かにそうなんですね。ビタミン、ミネラルも豊富で、

そして酵素も含まれる。それは人体にとってもプラスに働きますが、

すこ〜し見方を変えてみると、果物に含まれる糖分これは「果糖」と言われます。

前回、人体にとって糖分は不可欠と言いましたが、

不可欠なものは糖分の中でもブドウ糖(グルコース)が唯一無二の存在です。

では果物に含まれる果糖はどうなるのの??と疑問が浮かびますが、

果糖は吸収されてから血管に入ると危険な存在となりますので、

すぐに脂肪へと変換されてしまいます。

脂肪???????????

ダイエット中や減量中のアスリートに脂肪は敵なようなもの。

以前、私が指導している格闘家の減量をサポートしてましたが、

その時なぜか思っているよりも体重が減らないということがありました。

なぜかなぜなのか、その格闘家の食事をヒアリングしていると

出てきました!毎朝、果物をふんだんに使ったスムージーを飲んでいます!

ドヤ顔で言ってきたその格闘家。健康を維持するためです!と言ってましたが….

そりゃ脂肪は落ちにくくなってしまってます。

Glasses with fresh organic vegetable and fruit juices

固形物よりも液体になった方が吸収が早くなりますので、

体は余計に脂肪への変換を早めてしまいます。

ただ脂肪は悪者ではありません。

体に蓄積された脂肪が分解されてブドウ糖にもなりますし、

それが脳のエネルギーや体を動かすためのエネルギーにもなってくれます。

また、コレステロールの維持やホルモン生成にも重要な役割を果たしてますので、

少なすぎも困ったものです。

それは人それぞれ、活動の仕方や目指すところが違いますので、

そんなところをトレーナーと情報共有しながらDTSではお客様との

目標設定を行ってプランをたてていってます。

栄養指導は思考の変化。何を食べないかではなく、どんな選択をしていくか、

食べなければ健康的な生活を送ることは不可欠です。

ストレスフリーで変化を求めていきたい方、ぜひ一度ご相談くださいね。

この記事をシェアする!